7作品同時公演
少年カセットコミック

2017年11月30日(木)~12月3日(日)

ナンジャーレ

​作・演出 西尾武

A『恋の開』―あの日の思い出は、噛めば噛むほど味が出る
出演 藤崎アンジェ
(妄烈キネマレコード)

 “暇なし!彼なし!だらしなし!”河木このみの楽しみは、1日の終わりに嗜む晩酌だけ。しかし仕事の忙しさから最近は、晩酌だけでは満足できなくなってきた。彼女は思い立ち、外に飛び出すとそこには…

B『ドーン・オブ・ザ・ゴッド』―何度でも、何度だって立ち上がる!
出演 竹田淳哉(妄烈キネマレコード)

 西暦1549年8月、イエズス会の司祭・フランシスコ=デ=ザビエルが日本に初上陸した。布教活動はなかなか思い通りにいかず、イエズス会はそんな危機を打開すべく、ひとりの男を日本へと派遣した。

C『嘘つきパラドックス』―有栖川サツキの憂鬱が止まらない
出演 土方智哉 佐伯歩美 坂口裕哉

 ある日、有栖川サツキは、やる気を失くした。「どうして?」と聞いても俯く彼女。どうにかしたい男たちの困惑も止まらない。

D『今日はカレーな気分!』―さあ、食べよう!
出演 常滑ken(Sagan Electrica/電光石火一発座) 西尾武(妄烈キネマレコード)

 “人生はカレーライス”という言葉をどこかで聞いたことがある。カレーの味には個性が詰まっていて、カレーの匂いには思い出が詰まっている。なんだか無性に食べたくなる。

E『ギブちゃんの言うとおり』―中年も大志を抱け!
出演 小﨑康史(
Project K) 杉浦こころ(名城大学劇団「獅子」/あたらしいまち) はらみつちはる 

 小さい時は「あぁ、大人っていいな。」って憧れて、ちょっと大人ぶってみたりして。あのとき思い描いてた自分に、自分は今なれているいるだろうか?最近はもう冒険もしなくなった。

F『星のふる丘』―その日ふたりで、星が降るのを見た。
出演 森広太朗(愛知淑徳大学演劇研究会「月とカニ」) 清水由果(あたらしいまち)

 この街の外れには、「星の降る丘」と呼ばれる夜景スポットがある。街の夜景は大したことないし、星だって満天というほどじゃない。けど、僕にとっては憧れの場所。

G『WOW WAR GOLD』―問題は“金”じゃない!
出演 内山ネコ 青木謙樹 椎葉星亜(以上、劇団んいい)

 今も今、天然オオクワガタを捕りに行こう!という提案で、3人の男は夜の山へと分け入った。しかし全然オオクワガタ見つけられず、諦めかけていたその時、もと光る竹なむ一筋ありける。